他者の考察への攻撃的・皮肉的、茶化すようなコメントは控えるようお願いします。

【ケムリクサ】りくはケムリクサを発光させて道標として置いた説

ケムリクサ, 考察 (43)


なるほど、わかばくんが暗いところだと見つけやすいと言っていたのは=発光しているということを暗喩に表していてケムリクサを光らすことが出来る人がこの先にいる=りく姉という伏線だったのかもしれない…

#ケムリクサ
洞窟の中にたくさん光ってたケムリクサ、道しるべとして置いてたものだったり?わかば君はこれを見て「暗いと見つけやすいなー」とか言ってるし、りく姉は光らせることができるから #ケムリクサ #ケムリクサ考察班
光らせたケムリクサを点々と置いてたのはりくかな?
出口までの目印にしつつ探索してたとか?
だとしたらわかばが取っちゃったから出口が分からなくなって2人で出口を探す展開?

地下・・・迷宮・・・フードの女の子・・・出口を探す・・・うっ・・
#ケムリクサ
思ったんだが。
5話の最後の方でわかばが"発光しているケムリクサ"拾っててりくに会うじゃん? 
もしかして、あのケムリクサはりくが道標として置いてたんじゃ無いのか?

#ケムリクサ
#ケムリクサ考察班
「何してる?四島に残るのか?」わかばに言ったりんの言葉。以前、同じような出来事があった=りくが何処かの島に残ったことの示唆だとすると、りくの登場にも納得がいく。「光らせるのはりくしかできない」ケムリクサを置いた目的や如何に。 #ケムリクサ #ケムリクサ考察班
五話のあのラストの引き考えてみれば、

あのルートはりくが発見した事。

りくはケムリクサを光らせる事ができた。

そう、考えるとわかば見つけたケムリクサはりくが道標として置いていたのでは🤔❔

つまり、なるほど解らん‼️
正解は来週6話で⤴️

#ケムリクサ