他者の考察への攻撃的・皮肉的、茶化すようなコメントは控えるようお願いします。

【ケムリクサ】りく「特に痛いってグッとくるよな、俺生きてるんぜって」 生を強調するのはなぜか 他の姉妹は痛みを感じないとも

ケムリクサ, 考察 (58)


「痛いはグッとくる」 #ケムリクサ
痛いのがいいって言ってるてことは、逆に言えば他のメンバーは痛みがわからないって事か #BS11 #ケムリクサ
それぞれ姉妹で持ってる感覚が限られてるってのはわかってたつもりだったけど、みんなくすぐったいとか痛いとか痒いとか、そんなのもないんだな…驚いてしまった #ケムリクサ
それにしても『ケムリクサ』は4話でりんが腕をやられても平気で戦闘していましたがね。6話でりくがわかばに対し「痛みはあるか」と問う場面があったのは、なるほどと。りく以外の姉妹は痛覚がないのですね。
朝だし6話の感想。色々衝撃だった…5話の最後に出たのはやはりりく本人で確定。ケムリクサや触覚による共感からわかばと交流していった。痛みを生きている実感にする…と書くと悲惨なキャラのようで全然そんなことない。ケムリクサの使い方を教わりだいぶわかばのやれることが増えたな。#ケムリクサ
わかばに対する扱いが大分雑なのって、姉妹達には感覚がなくて痛みとかが分からないからなのかも知れないですね。

#ケムリクサ #Kemurikusa
りくねえの、痛みの感覚はぐっとくる。生きてるって感じで。って、マゾ発言扱いされてますけど、基本人間って、苦しみがあるから幸せがあるとか、生きてなきゃ辛さも実感できない。ってちょくちょく耳にするし、そういうこだわりが生きるってことだ。みたいなところあるよね。#ケムリクサ
0.8話のりくの「たま〜に痛い目みたりシビれたりするけどよぉ」の発言の時点で、りく以外にはあまり痛覚がないのが示されていたんだなぁ。
1話のわかばが他の姉妹と違って熱を感じてたのも、ここにきて生きてくる。(ピット器官!)
皮膚感覚は触覚、圧覚、痛覚、温覚、冷覚に分けられる!
#ケムリクサ
皮膚感覚5つのうち、触覚は言わずもがな、痛覚(痛い目)は0.8および5話、温覚(ぬくい)・圧覚(ドクっとくる)は5話、冷覚(ちべてぇ)は0.7話と、すべて示されている訳ですね!
#ケムリクサ  https://twitter.com/_desirepath/status/1096003471751360514 
#ケムリクサ
それにしても凄い作品だと思うの、人は何をどう感じているのかを理解できる

美しい景色を見てると心が和み
美味しい物を食べてると幸せで
音楽を聴いてると楽しくなったり
痛みを感じるから生きている

自分が普段感じてる物を純粋に考えてしまう、これが人間…自分か…
3話見返してわかばが痛みを訴えているシーンでりながりくも鈍臭いと言ってたけどりくは全ての感触を受け入れるという可能性がある。りくの最後に何をするかと言う発言に伏線が仕込まれてる。 #ケムリクサ
’痛い’について、俺生きてるぜ...って感じがするとりくは言ってますが、りくが生きているのか、死んだが復活したのかという部分と絡めて強調されてる感じがしますね。
#ケムリクサ
筋肉痛を感じて、ケムリクサのりくさんの言葉を思い出しました。
「特に痛いってグッとくるよな、俺生きてるんぜって」やっぱり怖!!
「本当に脆いな」
「どんくせーナ」
「ちょっとりくちゃんみたいだナ」
「そーかー?あんなにどんくさくなかったナ」

つまりりなは「脆い」ところがりくっぽいと言っている
りくは痛覚があるから痛がるわかばとかぶるのは当然
そして「どんくさくなかった」とも言ってる
#ケムリクサ