他者の考察への攻撃的・皮肉的、茶化すようなコメントは控えるようお願いします。

【ケムリクサ】7島の鳥居考察

ケムリクサ, 考察 (36)

鳥居とか・・・
やっぱりここ地球なんじゃ・・・
#ケムリクサ
この鳥居にもすごいゾクッとした
鳥居とは、神社などにおいて神域と人間が住む俗界を区画するもの(結界)であり、神域への入口を示すもの。一種の「門」である。

結界=壁
神域=内側のことでしょう神聖な場所みどりちゃんはご神木って所でしょうか
#ケムリクサ
#ケムリクサ考察班pic.twitter.com/5ZNWZdXIy9
ここのシーンだと木の根の上に階段が積まれているのよね。鳥居だけなら下から持ち上げられた可能性もあったけど、根の傾斜に合わせて階段が設置されているから、根の上に作られたということだよね。
これつまり、巨木が出来た後にもヒトが居たということだよね。
#ケムリクサ#ケムリクサ考察班pic.twitter.com/L9FqpmSwfU
石灯籠は「神域から見て鳥居より外側」に置くもの。画像をよく見ると壁側にあることがわかるので、壁の先に神社があった説よりも大ミドリちゃん御神木説が有力。
#ケムリクサ
#ケムリクサ考察pic.twitter.com/FJIuv09zjT
#ケムリクサ#ケムリクサ考察班#ケムリクサ冷奴班#ケムリクサ発狂班
これ撤回してたけど、7話で鳥居が出てきて、而も神域は大樹は方だってんだから、
練り直す必要が出てきたかも知れない。
古事記読み返さなきゃ。
ア゛ア゛ァーーー!!(考察の悦び)  https://twitter.com/gqqkwg5dffyld78/status/1096737384039739392 
神道的な点で語るなら鳥居にしめ縄見当たらないことの方が不穏に思うなぁ

#ケムリクサpic.twitter.com/XfatUjWDnA
「赤い根」は、無尽蔵に赤虫を生産する「ケムリクサ」である。追い詰められた人々は、赤虫が入れないようケムリクサで高い壁を築き、その内側に水源を確保して籠城した。7話の鳥居をくぐるシーンを見てみよう。元々枝の上に作られ、ずっと先へ続いていた道を、壁で塞いだようには見えないだろうか。 pic.twitter.com/SVjkxdVAPr