他者の考察への攻撃的・皮肉的、茶化すようなコメントは控えるようお願いします。

【ケムリクサ】モモの葉の発動条件は「好きな物を”口にする”」という考察

ケムリクサ, 考察 (112)





あっ!
モモの葉の発動条件は「好きな物を”口にする”」なのか!?
「食べる」が好きなりなは、最初からその条件を満たしていた。
りんは「わかば!」と(初めて)その名を「口にした」時に発動させている!

#ケムリクサ
@cyatakusan1 この発見すごいですね!
確かに、りりは「私のしたいことは……わかばをたすける!」と言ってますからね。あえて「したいことは」と言ったのは条件確認のためでもあった!?
@hBXNnzoL1ysddq6 かも知れません。
やはり、それがキーワードだった可能性は高いですね。
@_B_vers 「味覚が重要」とか考えてたんですが。
「口を使って好きな事をする」か「言葉にして発する」か、「口で好きを実行する」が鍵なのかと。
@KBNoshi 口を使った「好き」をする(食べる)、口から好きな物の名前を発音する、それが鍵で発動するケムリクサかなって。
現に「ワカバを助ける!」とりりが叫ぶと同時にケムリクサは発光してましたからね。
@cyatakusan1 「スキを口にする」って着眼点にも目からウロコで驚きましたが、いまだに考察の余地があって破綻の無い(無さそうな)構成に気付かされるケムリクサという作品の懐の深さには感心するばかり。

たつき監督は何周させる気なんだ(笑顔)
@masato819 これって多分、設定だけを用意して「キャラに物語を作らせた」結果だと思うんですね。
@cyatakusan1 なるほど!
なぜかモモはりなにしか使えなかった…という理由にはモヤモヤしていたんですが納得ですね
@ochitsukundayo 最初は「味」が鍵かと思ってたんですよ。
でも考えて見れば
11話、りりが「ワカバを助ける!」と言った瞬間、ケムリクサが発動(発光)してたんですよね。
@cyatakusan1 凄い発見です。
この発見により、作品のクライマックスがより一層、腑に落ちました。
11話ラストにて、図らずもリリは発動条件を付与してしまったのでしょうか。
@takat2003 あぁ、最初から発動条件ではなく、あの時に発動条件と設定してしまった、って可能性もありますね。
@cyatakusan1@MetaruB な…あ…な・なんだってェえええ⁉︎
@oredazooreore@MetaruB そう考えないと「タイミングが良すぎる」って。
@cyatakusan1 音声認識の可能性を見いだすとは流石です
そして見返すとりなも0.7話で好きを語った直後に増えてるんですよね

これはもう「好きなことを声に出す」が正解なのでは