他者の考察への攻撃的・皮肉的、茶化すようなコメントは控えるようお願いします。

【ケムリクサ】11話で回収された伏線まとめ

ケムリクサ, まとめ, 考察 (119)

#ケムリクサ 11話で回収された伏線①
・1話で水に浮くバルブハンドル、5話でわかばが持ち上げた車輪→鉄製ではなかった
・わかばがあまり眠っていない→地球人ではなかった
・自動車や生物の痕跡がない、現実の日本地図と一致しない→建造物だけプリントしたから
・7話で落ちていた白衣→わかばの物
#ケムリクサ 11話で回収された伏線②
・1話のわかばの寝言、3話のわかばの「魚みたい」発言→前世の記憶
・9話でわかばとりょくが「高くから観られる」ものとして「船」を認識→BWE型の宇宙船(?)
・8話のシロが黒字で「ヌシノイウコトキク」と表示→「ヌシ」はシロのような管理個体、複数居る
#ケムリクサ 11話で回収された伏線③
・ケムリクサの扱いに長けたりくが壁を操作できない→大人しか使えないようになっている
・「わかば」は平仮名表記だがシロが5話で表示したのは「ワカバ」→転生前は片仮名表記、転生後は平仮名表記と使い分け(「りり」も転生前は「リリ」だったと思われる)
#ケムリクサ 11話で回収された伏線④
・10島のビル群の下部が3Dプリンターのサポート材のようになっている→まさに3Dプリントされた世界であり、10島はプリント作業の途中だった。
・2話のわかば「それどころでなく怖いことがあったからかも」→怖いことがあった。
#ケムリクサ 11話で回収された伏線⑤
・スペースワールドや梅田地下街の泉の広場など、現実に失われつつある施設がモデル→宇宙人が「星の文化財の途中経過」をケムリクサで再現しているから
・雨がまったく降らない→「この下に地球がある」から(雲の上か大気圏外か)
#ケムリクサ 11話で回収された伏線⑥
・りんがわかばに惚れた理由→出会う前(前世)から好きだった
・なぜ、りな達は鉄を食べたり取り出したりできるのか→そもそも鉄ではなく、ケムリクサによってプリントされた物体だった
・EDの歌詞「もう一度 あの日の景色 横顔」→このシーン pic.twitter.com/by6sE7ra0j
#ケムリクサ
「バルブハンドルが水に浮く」
「わかばが鉄製の車輪を持ち上げる」
演出ミスを疑ってすみませんでしたァ!

演出ミスを疑われるような危険な伏線を張って、それを11話までロングパスなんて、まともな神経じゃできないよ……ショートパスを繰り返し、信頼度を稼いできた成果。 pic.twitter.com/dF8rsHjFvb
#ケムリクサ
この作品は枝葉末節まで血が通っている。さて、エンディングの映像の明度とコントラストを上げてみよう。画面左上に注目。
1.姉妹が生まれる前は何も無い。
2.姉妹と同時に縦線が現れる
3.縦線が徐々に下へ移動する
4.背景オブジェクトと同時に縦線も消える。

……信じていいな? pic.twitter.com/suiprj0Gls
#ケムリクサ 補遺
11話で回収された伏線⑥
・「カンリ イロ ケンシュツ」→カンリイロは青のケムリクサ。アオムシ化もカンリイロの影響か。

11話でも残された謎②
・わかば誕生の理由
・りなむはなぜ眠っているのか、薄目を開けていたのはなぜか
・姉妹は本当に6人か(「ななし」の有無)
ケムリクサ11話めっちゃ面白くて死んだ……。。。。。

この物語は7話でクライマックスは迎えていて、これ以上の上は無いと思ってた。

そう思った矢先、どこまでも突き抜けてきた。

まさか11話で1話から続いた"違和感"の伏線全てが回収されるとは……これは予想出来ない……面白すぎる。