他者の考察への攻撃的・皮肉的、茶化すようなコメントは控えるようお願いします。

「たつき監督はアニメの業務内容すべてをマスターしようと準備」 アニメ業界への危機感も語られたヤオヨロズ・福原Pロングトークレポート

ヤオヨロズ (76)



『けものフレンズ』以外に、ヤオヨロズという会社についての質問も飛び出しました。ヤオヨロズの特徴を聞かれた福原さんは、

「うちのスタジオの場合は、ほとんどのパートをたつき監督が取りまとめています。
普通のアニメは前の工程を決めてから次の工程にと順番に作業が進んでいきますが、うちでは作業中に前の工程に戻って作品のクオリティを上げたりする。なぜそれができるかというと、監督がひとりでシナリオ・コンテ・演出をやっているからです。
本当に神業的な努力があってこそなので、普通のアニメ監督では絶対にやらないというか、やれないと思います。
ほかのスタジオは100人規模が普通ですが、うちのスタジオはメインスタッフが5人。その分密にコミュニケーションが取れますが、ひとりひとりがより頑張らなければなりません。

今のアニメは、関わるスタッフのほとんどがスタジオの社員ではなく、毎回作品のたびにスタッフを集めて、作品が終わったら解散します。うちのスタジオは同じスタッフでずっとやっているので、そこがほかのスタジオとは違いますね」

とコメント。またオリジナルのアニメ作品の制作についても言及し、

「日本のアニメは漫画原作が主で、オリジナルアニメを作る機会は中々ありません。ですが、たつき監督は学生のころから、いずれ自分がチャレンジしようと考えていたオリジナルアニメのために、アニメの業務内容すべてをマスターしようと準備をしていました。素晴らしい先見性だと思います。

アニメ制作は、作り始めてから完成まで2年くらいかかります。なので最初の構想はとても大事で、すべてがその発想の上に成り立ちます。完成したものは最初から全部決められていたこと。ヒット作が生まれたとしたら、最初の段階で決めていたことすべてがヒットした理由になっているので、何度も頭の中でシミュレーションすることが大切です」

と語りました。

http://ure.pia.co.jp/articles/-/262118
ケムリクサのPV・・・だと・・・?
ん~?ケムリクサのPV?
既存の映像の事じゃないよな?