他者の考察への攻撃的・皮肉的、茶化すようなコメントは控えるようお願いします。

【ケムリクサ】ムシの体内にも「ケムリクサ」がありそれが核になっている シロムシは合体でき赤霧や青霧に侵食されることを恐れる

ケムリクサ, 考察 (52)

ムシ達はロボットっぽい存在かと思っていたんですが、どうも違う・・・?
彼らは一体何なのだろう。

#ケムリクサ
なるほど合体して巨大なムシになるのか…動力源は白いケムリクサ。アカムシも同じ構造なのかしらん #ケムリクサpic.twitter.com/CiTChDRD8f
シロムシもケムリクサで動いてる。
シロムシたちは必要とあらば合体して、大型重機になれる。
シロムシたちは赤霧に侵食されるとアカムシ化する。

同じようにアカムシも、必要とあらば合体できるとするとデスね、
あのEDラストの超巨大重機はやっぱり(※絶望顔)
#ケムリクサ考察班pic.twitter.com/tDZAcpEff1
このムシ達は1話限りの出番だったけど、動きや仕草に小動物感(?)があったのもあって悲しくなるなあ。
わかばや船長を慕うのはオリジナルの人類だからなのかな?
というか赤だけじゃなく青もムシ達のプログラムを狂わせる効能があるのか。
それからムシ達も「葉」が核なのね。

#ケムリクサpic.twitter.com/PiKVuUcihW
あと、赤霧だけじゃなく青霧も「危ない」らしい。共通しているのは、機会自身の「スキ」を上書きしてしまう「命令」をすること。この世界では、機械も「スキ」を求めて生きているようだ。 #ケムリクサ#ケムリクサ考察班
青霧(?)で変質した虫はわかばだけ襲ってないよね
りつは襲ってるけど、わかばの方行った虫はその場で止まってる
#ケムリクサ考察班pic.twitter.com/6zRiUAbfG1
#ケムリクサ 8話感想!
白達が…白達が……でも、これで展開的にりんさん達がガチで死ぬ可能性は無くなった…ありがとう…ありがとう白達…

…ケムリクサが複数あれば変形して合体出来る。最初の人もそれが狙いだったのだろうか?とにかくもう赤い木の側、あと4話だ。どれぐらい伏線回収出来るか?
思えば2話のキイロの時点で合体できるのはわかってたのか。 #ケムリクサ考察班
#ケムリクサ
8話の合体シロ達、核のケムリクサ描写が有ったけど合体直後の時点でゴポゴポ泡立ってたな、調子の悪い時のりつ姉や藍ちゃんみたいに
もしかしたら長期ノーメンテ無補給で限界だったかそもそも合体の負荷がキツイのか
何れにせよ不退転で自ら望んだ役目を全うしたその姿を自分は尊いと思う
ムシもケムリクサ動力だったの驚いた(草が関わってるのアカムシだけだと思ってた)
今回、ムシもケムリクサで動いてる事がハッキリしたけど、となるとケムリクサVSムシと言う単純構造では無いってことよな
ムシもケムリクサ由来という重要な情報。
#ケムリクサ考察班
#個人的メモ

青壁からの青霧→クロムシ?になる
赤い根からの赤霧→アカムシになる
シロたちにとって、青い霧も赤い霧もどっちも良くない。
そして、今回の話でビックリしたのは、シロちゃんたちにもケムリクサがあったこと。ケムリクサ(本体)を持ってないワカバだけがヒト?
1話のりんの「葉はどこにある」が、
ムシも葉で動いているということが8話でわかり、
ようやく回収されたという事実。

#ケムリクサpic.twitter.com/iVXbQglBLp
今まで掘削機がアカムシ説を言ってたけど、今回でムシが合体で掘削機になる可能性が格段に高くなった\\\\ ٩( 'ω' )و ////
#ケムリクサ
シロやミニシロを含むムシ達はメカニカルな外見ではあるものの、実体はメカを擬態した別の何かではないだろうか。ミニシロ達が合体した重機は、ミニシロ全員(17体)の体積よりも遥かに大きく、全く別の構造に変化しているからだ。
#ケムリクサpic.twitter.com/cvTA1xiajB
2話での襲いかかるアカムシの前に出たシロムシ(下)は、コアっぽい球体が2つあるから1話冒頭で出たシロムシ(上)が2体合体姿なのかも。合体する個数によって変化する形状がある程度決まっているなら、これはちょっとおもしろい系図が作れるかも #ケムリクサ考察班 - pic.twitter.com/JH0Oj1yI07